熱貫流率を表わす記号です。
一般的にはU値(ユーチ)と呼びますが、UA値(ユーエーチ)とも言います。
その場合のAは、average、つまり平均の意味ですので、U値またはUA値は、
外皮平均熱貫流率を指します。

住宅の断熱部位である屋根・天井・壁・開口部・床・基礎(左記を外皮という)から
逃げる熱量を表わした値
です。
住宅の床面積1㎡から室温と外気温の温度差1℃あたり1時間に逃げる熱量を表します。
ですから、単位はW/㎡K。

熱が逃げない方が高性能ですので、数値が少ないほど性能が優れていることになります。
但し、換気から逃げる熱量は含みません。

変遷

現在の省エネ基準の断熱性能を表わす、外皮性能の新たな指標の値です。
旧基準は換気の熱損失を含んだQ値が指標でしたが、U値には換気は含まれません。

新基準では、住宅の熱損失を表わす「外皮性能基準U値」の他に
「一次エネルギー消費量」を加え、二本立ての基準としました。
換気の熱損失は「一次エネルギー消費量」に割り振られました。

呼称も以前はK値(ケー値)と呼びました。
語源は、推測ですが貫流率(かんりゅうりつ)の略。かんりゅうのKが有力の説です。
それが、国際単位がCal(カロリー)に替わってW(わっと)で表示されることになり
U値が使われ日本も同調することになりました。


省エネ基準の解説動画です。

U値、外皮平均熱貫流の解説でもあります。

U値の理解度が深まりますので、是非ご覧ください。