高断熱住宅の礎となった新在来木造工法

日本全国で普及している在来木造工法ですが、その構造そのままに断熱材を入れても効果が表われませんでした。その原因を究明して、昭和59年(1984年)に発表された改良工法が「新在来木造構法」です。発表されたのは、当時室蘭工業大学の助教授だった鎌田紀彦先生です。
新在来木造工法は、驚くような効果を発揮し瞬く間に北海道全域へ。そして、東北、新潟、長野へと伝わり、現在では温暖地である中国四国まで広がり、全国に普及しつつあります。

断熱材が効かない在来木造工法

日本古来から伝承された在来木造工法。雨の多い日本では、天候に左右されないよう屋根が先に出来る工法が全国に広がりました。そして戦後、これまでの在来工法が大きく変化しました。以前の土壁は、ボードなどの面材に代わり、壁の中が空洞になったのです。昭和40年代になり、断熱材が流通し壁の空洞に50㎜のグラスウールを充填し、床・天井にも50㎜のグラスウールを入れるようになりました。その後、オイルショックを機に北海道では壁に100㎜、床・天井に200㎜のグラスウールを施工するようになりました。

断熱材を厚くすれば、家は暖かくなり暖房に消費する灯油の量も減少すると思われましたが、そうはなりませんでした。暖かさも灯油消費量も50㎜のグラスウールと変わりませんでした。それどころか、50㎜のグラスウール充填では起きなかった住宅の土台や柱が腐朽菌によって腐るという現象が多発したのでした。


原因は、壁の中が空洞になった在来工法の構造にありました。(上図参照)
床下と天井裏がこの壁の空洞部を通じて繋がっているため、冬暖房すると壁の中の空気が暖められて天井裏へ逃げていきます。その結果、床下の冷たい湿った空気が壁の中に吸い込まれてしまいます。1階だけでなく、2階でも同様の現象が生じます。

暖房しても足元が寒かったり、大きなつららが出来たり住宅の寿命を縮める内部結露が生じたりする原因は、以上の現象が原因です。

新在来木造工法がもたらしたもの

新在来木造工法(シート気密工法)は、在来木造工法そのものを変えず施工手順等を変えることにより断熱層・気密層・防湿層を連続させることで、断熱材の性能を100%発揮できるようになりました。冬は室内の熱が外に逃げにくく、夏は外の暑さが室内に入りにくくなり一年中快適に暮らせる環境を得ることが出来ました。また、通気層の採用も加わり壁の中に結露が生じず(壁内結露)、木材が腐らない住宅の構造を完成させました。そして、2002年に提案された「ボード気密工法」は、気密層の簡易化だけでなく耐震性能の向上に寄与しました。