熱貫流率は、壁や天井床などの家の構造部分から熱エネルギーが逃げる量を表わします。
よって、家の構造部分(床・壁・天井・窓など)の熱貫流率を全て足すと、その住宅から逃げる熱量を表せます。
数値が小さいほど断熱性能が高い(良い)といえます。記号はU 単位はW/㎡K。

熱貫流率は、熱貫流抵抗の逆数です。
よって、熱貫流率を計算するには材料の「熱伝導率」「厚さ」から熱抵抗値を計算して、その重ね着を合計した「熱貫流抵抗」を逆数にすれば算出できます。

この数値は、家の断熱性能を表わす数値として様々な制度で活用されます。