「気流止め」によって断熱材が効く

在来木造工法の住宅は、構造的欠陥により断熱材の効果を得られにくくなっています。
その欠陥を解消するのが「気流止め」です。

断熱材が効かない在来木造工法の欠陥


在来木造工法は、壁が床と天井に繋がっている構造になっています。(上図参照)
壁の上部は天井裏に、壁の下部は床下に開放されています。
冬に暖房すると、壁の中の空気が暖められて天井裏(小屋裏)へ逃げていきます。その結果、床下の冷たい湿った空気が壁の中に吸い込まれてしまいます。
この現象は、外部の壁(外壁)だけでなく室内の壁(間仕切壁)も同様に起こります。

在来木造工法の構造によって、いくら暖房しても足元や床が寒いままだったり、なかなか温まらないのはこのためです。
結果、せっかくエネルギーを消費して暖めた空気を外へ捨てていることになります。

そればかりか、室内の暖かい空気には多くの水蒸気が含まれるため、暖かく湿った空気が壁の中に大量に入っていく事になります。その事で壁の中に結露が生じたり(壁内結露)、天井にシミが出来たりします(小屋裏結露)。、大きなつららが出来るのも小屋裏へ逃げた熱が雪を溶かす事で生じる現象です。

間違った改修工事


天井裏や床下に繋がっている壁の上下を塞ぐと、断熱材は効きます。この事を「気流止め」と言います。
右図の◯が、気流止めの必要な部分です。気流止めの材料は、気密シート・木材・合板などが使用されます。


しかし、リフォーム工事などでいくら断熱材を入替たとしても、気流止めが施工されていないと断熱材は効果を発揮できません。
性能の高い断熱材や厚い断熱材を取付けても、気流止めが無いと断熱材は効きません。
新築でも同じです。昨今の在来木造工法は、床の構造が厚い合板が使われるようになり、それが気流止めの役割を果たせるようになりました。
工事の省力化になり断熱材が効きやすくなりましたが、天井部分の気流止めがしっかり施工されていないと残念ながら断熱材はやはり効かないのです。

天井の気流止めは、とても重要です。よく、お風呂の栓に例えられます。
お風呂の栓が緩いと、お湯が漏れて浴槽にお湯は貯まりません。天井の気流止めもこの栓と同じです。
しっかりと施工されないと、せっかく暖めた空気が外へ漏れてしまい室内がいつまで経っても暖まりません。